かなり 古いのですが 中古でPCG−U3/Pを購入しました
・OS         WinXP Pro
・CPU        Crusoe TM5800 933MHz
・メモリー       256MB*1(256MBオンボード)
            /最大512MB(SDRAM)*2
・液晶表示     6.4型 XGA(1024×768ドット)対応 TFTカラー液晶
・ハードディスク  約20GB(Ultra ATA/100対応)
以上です
メモリー256MBは、XP Proではつらいので256MBを増設し
ハードディスク20Gも仕事のアプリで15G強 使用してしまうので 交換に

メモリーは 売れ残り品で購入できましたが HDDは分解してびっくり
1.8インチ(東芝製MK2006GAL)を使っていました
日立製の1.8インチは売っているのですが東芝製がないのです。
東芝製は PCカードのコネクター(メス?)で日立製は(オス?でIDE規格?)です
東芝製 MK4006GAHをツクモ名古屋1号店さんに注文し購入できました 

裏側のネジを全部 はずします。


キーボードを取り外します

上カバーのネジも 外します。

後ろ側のコネクター両横のシール下にある ネジもはずします。
液晶パネル中央上カバーをはずします

上面カバーとメイン基盤をはずします

メモリースティックスロット用基盤をはずします

HDDはコネクターを外すと 取り出すことができます

後はHDDを交換して
元に戻せば完成です

この記事は、筆者の実験例です
組立、改造当は自己責任の上において実施して下さい。部品などを壊したりしても当方は一切関知しません。

交換後は調子よく動いています
若干速くなったような・・・(気のせいでしょう)
ヘッド退避?のとき、「キィー」と音がしますが 何でしょう?今の所、問題なささそうなので このまま使っていきます
PCG−U3/P   ハードディスク交換 実験